アカシックレコードの意味:愛=仏陀の「空(クウ)」=老子の「道(タオ)」=潜在意識=集合的無意識

アカシックレコードとは

 

1.アカシックレコードの意味

1-1.アカシックレコードの一般的な意味

アカシックレコードとは、宇宙誕生以来のあらゆる情報が格納されたデータベースで、宇宙図書館と呼ばれています。その他、アーカシャ記録、アカシアの記録と呼ばれることもあります。

格納されている情報は、全宇宙の情報であり、宇宙の過去、現在、未来、個人の過去、現在、未来、その他、恋愛、お金、仕事、運命、健康、人間関係、高次の意識による情報、など網羅しています。

アカシックレコードにアクセスすることができれば、あらゆる面で豊な人生を歩むヒントを得ることができます。

アカシックレコードを理解するには、宇宙の構造を知る必要があります。そして、アカシックレコードは、単なる図書館のレベルではなく、もっと大きな意味で、宇宙の本源を指していることをこれから明らかにします。

1-2.アカシックレコードを再定義し直す

アカシックレコードは、宇宙が誕生してから存在し、そして、ある特定の場所にあるというのが一般的な解釈です。しかし、真実は、宇宙が誕生する以前から存在し、ある特定の場所にあるのではなく、宇宙に蔓延しています。

アカシックレコードを再定義すべく、そのメカニズムをこれから明らかにして参ります。

1-3.アカシックレコードの正体

アカシックレコードの正体、それは、仏陀が唱えた「空」=老子が唱えた「道」であり、その正体は「愛」そのものなのです。

愛=仏陀の「空(クウ)」=老子の「道(タオ)」=アカシックレコード=潜在意識=集合的無意識

アカシックレコードにアクセスするという言い方には、少し語弊があります。なぜなら、宇宙万物はすでに愛で出来ていて、自分の周りのあらゆる宇宙、地球、人、物、金、空気、すべてが愛だからです。

ただ、その本質を自我の曇ったメガネで見て、考えてしまうから、純粋な愛を感じることができないのです。

1-4.宇宙の本源とは

あらゆる宇宙万物が誕生する以前から、”ある状態”は存在していました。”ある状態”とは、言葉にすることが極めて困難です。しかし、聖人たちが”ある状態”を象徴する言葉を残してくれました。

老子 「道(タオ)」
仏陀 「空(クウ)」

「道」は、宇宙万物創成の本源なのですが、頭で理解することはできません。唯一、魂(転生を繰り返す悠久の生命体)で感じることしかできません。

「道(タオ)」と「空(クウ)」は同じものを指しておりますが、重要なことは、をそれを別の言葉に置き換えると「愛」を指しているということです。

1-5.愛と恐れは一如

愛と恐れは表裏一体の関係で、呼び名が違うだけで宇宙の本源の現れです。愛は恐れを生み出し、恐れは愛へと戻って行きます。それらは、留まることなく流れています。

そのことを仏陀は、単的な言葉で表現しました。
色即是空、空即是色
愛は、宇宙万物創成の本源です。私たちは、愛以外の不純物に覆われてしまっているため、純粋な愛を魂レベルで感じることができません。

しかし、100%、愛と波動が同調したとき、つまり、100%恐れを克服した時、不純物が消えます。すると宇宙万物は消え、自分も消えます。と同時に、宇宙万物があり、自分もいるということが起きます。

残るのは愛だけ。

これがいわゆる解放です。

1-6.量子力学の観点から考察

さて、宇宙万物創成の本源である愛には、宇宙の過去、現在、未来、個人の過去、現在、未来、その他、恋愛、お金、仕事、運命、健康、人間関係、高次の意識による情報、などあらゆる情報が内臓されています。それは、まるで宇宙のデータセンターのようです。

料理物理学者のデヴィッド ボームは、このデータセンターを、著書「全体性と内蔵秩序」の中で、内蔵秩序と呼び、さらに、スピリチュアルでよく耳にするワンネスの世界観を提示しました。

「全体性と内蔵秩序」デヴィッド ボーム

量子論の再検討をとおして、現代の科学や思想にパラダイムの改変を迫り、物質・意識・言語・世界の本質へと肉薄する。流態、隠れた変数、世界管描像、ホログラフィーなどの理論を駆使し、内蔵秩序をそなえる分割不可能な全体としての世界像を提示。知の断片化を超克し、全体像の回復をめざす画期的な論考

1-7.愛の純度と得られる情報

アカシックレコードからメッセージをダウンロードするとき、自分の波動レベル、すなはち愛の純度に見合った情報しかダウンロードすることができません。なぜなら、恐れの不純物があると愛が曇ってしまうからです。

愛の純度30%の人は、30%の情報しか得られません。純度50%の人は、50%の情報しかえられません。純度100%の人は、あらゆる情報を得ることができます。

100%、愛と波動が同調したとき、アカシックレコードと同化し、何もかもが分かる状態になります。そして、私たちが、何度も転生を重ねて魂を磨くのは、愛の純度100%になるための旅なのです。


2.アカシックレコードリーディングの方法

アカシックレコードにアクセスする方法に、絶対的に正しい方法というのはありません。それぞれ、自分に合ったやり方、やりやすいやり方でアクセスするのが良いと思います。今回は、2つの方法を解説いたします。

2-1.現代版瞑想法ランニングエナジー

本瞑想法は、透視の世界的権威のレバナ・シェル・ブドラ氏が提唱する方法であり、ヒーリングスクールで実際に私が、習った方法です。

ランニングエナジーは、身体、心、魂の3つのレベルでエネルギーを浄化します。そのため、心に溜まった恐れの感情の解放、過去世におけるカルマの解放を促し、愛のエネルギーを高めることができます。

愛のエネルギーが高まれば、仕事、お金、人間関係、健康など、あらゆる面で豊かな人生を歩むことができるようになります。

そして、愛のエネルギーが100%、つまり恐れが0になっとき、私たちはあらゆる苦悩から解放されます。それがいわゆる涅槃と呼ばれる状態です。
具体的な手順は、以下の通りです。

2-1-1.椅子に腰を掛ける
2-1-2.グラウンディング
2-1-3.頭の中心
2-1-4.エネルギーを流す
2-1-5.爆破
2-1-6.今の瞬間

それでは、順番に解説いたします。

2-1-1.椅子に腰を掛ける

リラックスした状態で、椅子に腰をかけます。足の裏はぴったりと地面につけ、手の平は、上に向けた状態で、膝の上にのせます。

気持ちの良い大きな深呼吸をして、瞑想に入る準備をします。そして、そっと目を閉じて、次のステップに進みます。

2-1-2.グラウンディング

グラウンディングとは、地球のエネルギーと自分のエネルギーの結びつきを深めて、安定したエネルギー状態を作る方法です。

まず、エネルギーのコードをイメージします。色は、透明でも、黄金でも好きな色で構いません。太さは、10cmでもいいですし、体の太さでも構いません。

自分がイメージしやすいコードを創造します。次に、イメージしたグラウンディングコードを尾てい骨から、地球の中心まで下ろし、そこでしっかりと縛り付けましょう。

 

2-1-3.頭の中心

頭の中心の位置とは、両耳の真上の位置と額を十字に結んだ位置になります。

頭の中心とは、物事を中立にあるがままに観ることができる神聖な場所です。また、アカシックレコードと繋がりを強める場所でもあります。

頭の中心に意識を置きます。そして、雑念が浮かんだ場合は、床にゴミを捨てる穴を作って、そこからグラウンディングコードを通じて、地球の中心へ流して無力化させましょう。

2-1-4.エネルギーを流す

足の裏から大地のエネルギーを15%、頭上から85%の黄金のエネルギーを吸収し、全身に流れるようにイメージします。イメージするだけで、実際にエネルギーは動き、全身をエネルギーが流れます。

体を流れた古いエネルギーは、グラウンディングコードを通じて、地球の中心まで流れていき無力化されます。

始めたばかりの頃は、眠気が襲ったり、雑念が襲ったりする事がありますが、1ヵ月、3か月と続けることにより、これらの問題は、自然と解消されていきます。

2-1-5.爆破

爆破とは、ネガティブなエネルギーを解放する技法です。ネガティブなエネルギーとは、怒り、悲しみ、抑うつ、不安、焦燥などを指します。

方法は、
① まず、いままでのステップ瞑想状態に入ります。
② 次に、2メートル前方に大きな箱をイメージします。
③ 箱の中に、過去に遭った嫌な事をさっと入れます。
④ 箱の下にダイナマイトを取り付けます。
⑤ それに点火し、中に入っているものを箱ごと爆破します。

このようにエネルギーを爆破することで、過去の傷ついた心や、嫌な気分、トラウマなどを解放することができます。

 

2-1-6.今の瞬間

心は、放っておくと、過去の出来事を悔んだり、未来の出来事を不安に思ったり、過去や未来を行ったりきたりする性質があります。

そのため、心を今、この瞬間に集中させます。何か、心に浮かんだら、先ほどの「爆破」のテクニックで、どんどん爆破しましょう。これらが習慣になった時、自然に、今、この瞬間にいることができるようになります。

2-2.催眠療法(ヒプノセラピー)

アカシックレコードにアクセス方法として、催眠療法(ヒプノセラピー)があります。
催眠療法とは、セラピストの指導のもと、リラックスした状態を創り出し、潜在意識にアクセスしてメッセージを得るセラピーです。

後程ご説明をいたしますが、潜在意識とアカシックレコードは、同一のものを指しています。実際に、エドガー・ケイシーが催眠時にアクセスした潜在意識は、のちにアカシックレコードと呼ばれるようになっています。

エドガー・ケイシーは催眠状態で病気の診断や予言を行ったが、彼が催眠時にアクセスしていたとされる潜在意識(無意識)の次元、これまでに経験した全ての事柄が刻まれた「霊的な記憶庫」が、のちに神智学の用語に倣って「アカシックレコード」と呼ばれるようになった。

出典:ウィキペディア アカシックレコード

催眠療法では、意識の感覚は軽いトランス状態となります。寝ている時と、起きている時のちょうど中間のイメージです。その状態の時は、もっとも、潜在意識(=アカシックレコード)にアクセスしやすくなります。

答えはセラピストが与えるのではなく、相談者の潜在意識を通じて浮かび上がってきます。その答えはインスピレーション、もしくは、映画のワンシーンを切り取ったような映像として頭に浮かびます。

それでは、実際に私が受けた催眠療法を幾つか例に挙げてみます。

催眠療法によってアカシックレコードにアクセスした事例
インナーチャイルドの癒し

(横になって、リラックスミュージックが流れています)
いきなり、ビジョンが頭に浮かびました。

(セラピスト:いま、どんな様子ですか?)
年齢は5歳。兄が自分の手を握って、断崖絶壁を引っ張ってくれています。父は、下で見ていたが途中でいなくなってしまいました。母は、崖の上から応援してくれていました。

崖の上に上がると、そこは緑あふれる大地。蝶が飛んだり、セミが鳴いたりしています。土手に生えた草の坂を、ダンボールで兄と滑っています。

(セラピスト:人生で重要な地点まで時間をすすめてください)
年齢は6~8歳。母と離れ離れになり、祖父母に預けられた時期を思い出しました。父は自分に無関心で、祖父は頑固で厳しい。自分は繭(まゆ)の中で怯えていました。祖母だけは、優しく繭(まゆ)を抱いてくれていました。

自分は愛情を注がれることがなく、おびえてまゆの中で固まり、動けなくなっていました。まるで、まゆの中に入ったまま、海をただよっているようでした。

(セラピスト:どんな気持ちから、6歳の少年に聞いてみてください)
どんな気持ちか6歳の少年に尋ねてみると、「死にたい」というメッセージが浮かび上がってきました。しかも、リアルな悲しみの感情を伴って。(大人の私は号泣しました・・・)
海に漂っている繭(まゆ)の中では、人格形成が行われていました。

忍耐が必要→現在の我慢強さに繋がっている
逃げるか戦うか→白か黒か決めたがる傾向に繋がっている
絶対な安全が必要だった→自分の命を自分で守る完全主義に繋がっている

(セラピスト:6歳の少年に何か声を掛けてあげてください)
「もう、大丈夫だよ」と声をかけ、愛のエネルギーを注いだら、ハートチャクラが死んでいた状態から、自家発電できるようになりました。海に漂っているときは、体が硬直して動かなかったが、立ち上がってピースをしている様子が見えました。

(セラピスト:その後、どんなシーンが見えますか?)
6歳の少年(自分)と母、兄と一緒に食事をしているシーン。まゆは背中に背負った状態で、ヤドカリのように、いつでも、まゆに隠れるようになっていました。

さらに、大地のエネルギー、黄金のエネルギーを注ぐと、部屋全体がまぶしくて見えないくらいの光に包まれ、エネルギーに満ちたインナーチャイルドの姿が見えました。

これまで、祖父母に預けられていたときは、ワンパクな子供だったと認識していたため、心がこんなに傷ついていたと知って、驚きました。インナーチャイルドも癒されました。


3.アカシックレコードリーディングによる情報の受け取り方

アカシックレコードから情報を受け取る方法は、人によって異なり、また、得意不得意もあります。そのため、自分にとってやり易い方法を選ぶと良いでしょう。

今回は、アカシックレコードからメッセージを受け取る際の、4つの方法についてご説明いたします。

3-1.透視(クレアボヤンス)
3-2霊聴(クレアオーディエンス)
3-3.霊感(クレアセンシェンス)
3-4.霊知(クレアコグニザンス)
それでは、順番に解説をいたします。

3-1.透視(クレアボヤンス)

透視(クレアボヤンス)とは、写真の一コマのように「画像」が見える、または、映画のワンシーンのように、動画が再生されているように見えることをいいます。

アカシックレコード 画像

画像や動画を見る際は、瞑想をしている時、催眠療法を受けている時がやはり、クリア見えますが、慣れてくると、瞑想も、催眠療法も行わなくても、頭のチャンネルを切り替えることによって、見ることができるようになります。

なお、私の場合は、4つの方法のうち、透視(クレアボヤンス)、しかも動画によってメッセージを受け取ることが最も多いです。では、透視の事例を挙げてみます。

映画のワンシーンのように「動画」が再生される場合というのは、例えば、仕事がうまく行かないときにどうしたらいいのかを透視したところ、丁寧に、且つ誠実に仕事をしている自分の姿が思い浮かびました。

そのメッセージが意図するところは、「結果を焦らずに、目の前の事を丁寧に扱い、そして、人には誠実に対応するように」ということでした。

このように、透視では、象徴的な画像や動画を見ることによって、メッセージを理解することができます。過去世リーディングや、中間生リーディングでも、この透視能力(クレアボヤンス)は、活躍します。

3-2霊聴(クレアオーディエンス)

実際に、誰かから、声をかけられたようにメッセージの声が聴こえることをいいます。それは、非常にリアルで、幻聴とは明らかに異なります。

霊聴の場合は、恐れを掻き立てるようなメッセージは届くことがありません。逆に、幻聴は、聴こえてくると怖くなったり、不快になったりすることがあります。

例えば、私の場合は、母が亡くなって数か月した時、「がんばれよ!」とリアルに声が聴こえました。それは、あまりにもリアルで、本当に母が語り掛けているかのように感じました。それは、気のせい、幻聴では片づけられないリアルな感覚を伴っているので、すぐに霊聴であると気づくことができます。

霊聴が開花したのは、2011年にヒーリングスクールを卒業してから、2年ほど経ってからでした。ある時、無線マウスを動かしただけで、「ピー、ピー」とかすかな音が聴こえるようになりました。始めは、気のせいかと思っていたのですが、動かすと音がなり、止めると音がぴったりと止まりました。

このように、普通の状況では聞き取れない精妙な音を聞き取る力が霊聴(クレアオーディエンス)になります。

3-3.霊感(クレアセンシェンス)

主に感情によって他者の心の機微を微に入り細に渡ってメッセージを受け取ります。些細な言動の裏に隠された意図、恐れ、不安、喜び、など、あらゆる側面を感じ取ることができます。

この能力は、男性よりも、女性に多く備わっています。特に、セラピストやカウンセラー、ヒーラーなど、人を癒す職業についている方には、多くみられます。

私も他者の心の機微には、とても敏感です。しかしながら、その分、他者の本音、心の痛みを共有することになるため、心が疲弊しやすいという弊害があります。

あまりにも困難に陥っている他者に共感すると、自分のエネルギーも枯渇します。そんな場合は、ハートチャクラのエネルギーを、「頭の中心」に持ってくることによって、物事を中立に感じ取ることができるようになります。

このように、霊感とは、最も身近なアカシックレコードリーディングの方法の1つです。

3-4.霊知(クレアコグニザンス)

元々、知らないことでも、インスピレーションによって情報がまるごと入ってくることがあります。当サイトの記事も、かなりの部分は霊知によって受け取った情報です。

例えば、以下の内容は完全に霊知によって知りえた情報です。

・宇宙の構造

 

・人間の構造(男性の場合)

・人間の構造(女性の場合)

 

4.アカシックレコードリーディングで分かること

アカシックレコードリーディングでは、過去、現在、未来の全宇宙の出来事について情報を受け取ることができます。例えば、お金、仕事、健康、宇宙、輪廻、人間関係、その他の事項について、具体的に、何が問題となっていて、何をしたら良いかなど、個別にお答えすることができます。

具体的な事例で見ていきましょう。

4-1.人生の目的

人生の目的,天命,ミッション
・生まれてきた意味
・今生の目的
・人生の使命
・ミッション

4-2.お金

アカシックレコード お金
・貯金ができない
・給料が少ない
・資産運用がしたい
・出費が多い
・老後が心配

4-3.仕事

アカシックレコード 仕事
・自分の適職は何か
・給料が少ない
・会社の将来に不安がある
・自分の将来に不安がある
・上司と合わない

4-4.人間関係

アカシックレコード 人間関係
・上司、同僚、お客、部下
・友達
・夫婦
・恋愛
・家族

4-5.健康

アカシックレコード 健康
・慢性病の原因
・原因不明の病
・心身の癒し方
・パワーストーン
・生活習慣

4-6.輪廻

輪廻,過去世
・過去世
・中間世
・現世
・未来世
・ソウルメイト

4-7.豊かさ

豊かさ
・豊かさとは何か
・どうしたら豊かになるか

4-8.才能

才能
・隠れた才能は何か
・才能を生かすにはどうしたらいいか

5.まとめ

以上の4つの事項についてお伝えしてまいりました。

1. アカシックレコードの意味
2. アカシックレコードリーディングの方法
3. アカシックレコードリーディングによる情報の受け取り方
4. アカシックレコードリーディングで分かること

もし、今後、人生にアカシックレコードを取り入れてみようと思った場合は、無料講座にてアカシックレコードの理解を深めることをお勧めいたします。

↓こちらから、アカシックレコードについて学ぶことができます。
無料アカシックレコード講座

カードを引いてみた感想は、いかがでしょうか?

メッセージを読んでピンときたなら、あなたは、より豊かな人生を歩むヒントを得て、現実を引き寄せることができます。豊かさとは、小さなヒントの集合体とも言えます。より多くの気づきがあれば、それだけ充実し、ワクワクした人生を送ることができます。そんなあなたに、HIROがスペシャルメールマガジン(無料)をご用意しました。

お得な情報を、LINEでお届けします。

友だち追加


月収1000万アカシックリーダーHIROの無料メルマガ

豊かな人生を歩むノウハウや、
お金、仕事、健康、男女、人間関係を改善する方法をお届けします。