輪廻の体験:前世療法(ヒプノセラピー)による亡き母との再会

アカシックレコード 輪廻の構造②

1. 前世療法(ヒプノセラピー)によりアカシックレコードにアクセス

前世療法(ヒプノセラピー)によって、あの世の母と再会することができました。

催眠療法では、意識の感覚は、寝ている時と、起きている時のちょうど中間のようなイメージで、軽いトランス状態になります。その意識状態の時に、潜在意識に働きかけて答えを導き出すセラピーです。

その答えは、人によって現れ方が異なりますが、私の場合は、インスピレーションや、映画のワンシーンを切り取ったような映像として頭に浮かびます。

「輪廻の構造」の記事でも記載しましたが、潜在意識は深い部分でアカシックレコードと繋がっています。そのため、過去、現在、未来、中間生、英知、その他あらゆる情報を引き出すことができます。

2.前世療法(ヒプノセラピー)による輪廻体験 中間生で母と再会

それでは、催眠療法(ヒプノセラピー)で中間生に行った時のことを解説いたします。


(セラピスト:自分がリラックスしているところをイメージしてください)
近所の緑が豊かな公園のベンチで座っている自分が見えます。ポカポカ温かいいつもの所です。

(セラピスト:人生で重要な地点に通じる扉をイメージしてください)
(セラピスト:そして、扉をくぐり抜けると人生で重要な地点に行きます。3,2,1・・・)
エベレストの山頂で、自分、兄、父がいます。吹雪でとにかく寒く感じます。

そこに居る理由は、家族が困難に直面していることを象徴していました。兄は、家族の問題で頭を抱えており、父は仕事上で問題を抱えていました。

(セラピスト:そこでの感覚を十分感じたら下山してみましょう)
下山途中、中腹の洞窟で休憩をはさみました。吹雪から遮られ体も温まってきていたときに、母からのメッセージがインスピレーションで入ってきました。

「3人で頑張って生きていくんだよ!」

これは、極めて、実感を伴ったインスピレーションで、母の魂が発していることが一瞬でわかりました。そして、私は号泣しました。

(セラピスト:そこでの感覚を十分感じたら下山してみましょう)
すると、突然、私が、小学生のころに家族(母、父、兄、自分)で海水浴に行ったシーンが浮かんできました。母も泳いでいます。

これは、母が中間生で、人生を振り返ってよかった点、悪かった点を見つめ直している映像でした。その同じ映像を私も見ていたのです。その事が分かった瞬間、またしても涙が溢れ出しました。

さらに、母から「いままで、ありがとう」「こちらはとても居心地がいいよ、安心して」とメッセージがきました。私は、喪失感で一杯だった気持ちが一気に癒される感じがしました。

(セラピスト:母にさよならの挨拶をしてさらに下山してみましょう)
エベレストの麓(ふもと)に戻ると、愛犬のマルチーズが寂しいとワンワン泣いています。自分たちのことで精いっぱいだったため、最近は、愛犬を構ってあげられていなかったことを思い返し反省しました。

そして、麓(ふもと)で、精一杯抱っこをしてあげたら、尻尾をプリプリ振って喜んでくれました。


 

魂は、永遠であると頭で理解をしていても、リアルな感覚を伴った体験がなければ中々信じることができません。

しかし、催眠療法(ヒプノセラピー)によって、アカシックレコードにアクセスし、この悲嘆の時期に母に会えたことは、喪失感を癒すだけでなく、輪廻の神秘を実感することもできました。

今回のセッションでは、母があの世で生前の人生を一通りレビューするシーンをリアルな感覚を伴って体験することができました。

中間生では固定されたシーンが展開されるとは限りません。あくまでも、相談者が理解をしやすいように潜在意識が翻訳をして、映像として届けてくれるのです。今回はエベレストと、海水浴のシーンは、中間生の象徴として出てきたものです。

 

カードを引いてみた感想は、いかがでしょうか?

あなたが、メッセージを読んでピンときたのなら、あなたは、アカシックレコードとつながり、アカシックの情報を得ていることになります。メッセージを通して方向性は定まったとしても、具体的に何をどのようにしたら良いのかを知りたい、もしくは、心の奥に未解決の問題を抱えている。あなたがそんな状況にあるとしたら、有料アカシックリーディングによって、問題の本質を射貫き、解決に導くことができます。

お得な情報を、LINEでお届けします。

友だち追加


有料アカシックリーディング

人生の目的、お金、仕事、人間関係、健康、輪廻、豊かさ、才能、などあらゆる問題について、アカシックレコードリーディングで問題の本質を射貫きます。