パラレルワールド:パラレルワールドの分岐/選択/超越

パラレルワールド

1.パラレルワールドの分岐

パラレルワールドとは、ある宇宙から分岐して、それに並行して存在する別の宇宙の事をいいます。

万物創造の本源である愛=仏陀の「空(クウ)」=老子の「道(タオ)」から生じる宇宙(パラレルワールド)は、無限に存在します。

例えば、コーヒーを飲んでいる人がいるとします。この人を中心に考えるだけでも、宇宙は無限に存在することが説明できます。

例を挙げると、

コーヒーをこぼしてしまって、せっせと床を拭いている
コーヒーを飲むのを止めて読書にふけっている
コーヒーをお替わりしている

しかし、事はそれほど単純ではありません。

人の行動に、他の出来事が加わります。

例を挙げると、

コーヒーを飲んでいたら、地震が発生した
コーヒーを飲んでいたら、スマホに着信があった

このように、ある人の行動によって引き起こされる世界の数と、他の出来事が引き起こす世界の数を乗じた分だけ、世界が存在することになります。しかも、それは、毎瞬、毎瞬、世界が分岐していきます。

パラレルワールドは、今、この瞬間に同時に、過去、現在、未来に、時空を超えて起こえて存在しています。

 

2.パラレルワールドの選択

パラレルワールドの分岐は、常に愛か恐れのいずれかの選択です。愛の選択を続ければ、万物創成の本源である愛にいち早くたどり着くことができます。逆に、恐れを選択すれば、何度も同じ試練を課され、クリアするまで同じ恐れを体験します。

例えば、家庭内暴力を受けた女性は、その状態を放置した場合、恐れを選択したことになり、”暴力を受ける”という課題は未解決のまま恐れのパラレルワールドに居続けます。

一方、その状態を克服した場合、愛(=自己愛)を選択したことになり、”暴力を受ける”という課題をクリアし、次の愛のパラレルワールドへ歩みを進めます。

これは、概念図ですが、自分が黒丸、他の出来事が赤丸で示されています。このように、私たちは、他の出来事と不可分な世界に生きています。

そして、何を考え、何を選択するかによって、毎瞬、毎瞬に、他の出来事との関わりの中で、愛と恐れを選択しながら、パラレルワールドを行き来し、万物創造の本源である愛へと歩みを進めているのです。

 

3.パラレルワールドの超越

3-1.パラレルワールドを超越した状態

気が遠くなるほどの時を超え、転生を何度も重ね愛を学び、パラレルワールドから超越し行き着くところ、それは、

愛=仏陀の「空」(クウ)=老子の「道(タオ)」=アカシックレコード

それは、愛そのものであり、仏陀の「空」(クウ)であり、老子の「道」(タオ)であり、アカシックレコードです。私たちが追い求めていた真理は、言い方は違いますが、究極のところは、これらにたどり着きます。

3-2.パラレルワールドを超越する方法

パラレルワールドを超越するには、愛の純度を100%にまで高めることが必要で、それ以外に方法はありません。

パラレルワールドとは、いわば、映画「マトリックス」の仮想現実、バーチャルリアリティに過ぎません。その仮想現実から抜け出すのは、あらゆるカルマ、あらゆる恐れを超越し、愛の純度を100%にまで高めることが必要なのです。

3-3.パラレルワールドを超越した感覚

いざ、パラレルワールドから抜け出すと、全く別の世界へ辿りつくわけではありません。いままでいた世界、いままでの家、いままでの自分、いままでの家族がいるのですが、その見え方が異なってきます。

自分の波動が、愛の純度100%ということは、宇宙万物創成の本源である愛と同化することを意味し、自分が宇宙であり、宇宙が自分ということになります。恐れのエネルギーがないので、一切の悩み、苦悩、困難がありません。

そして、下記ような等式になります。自分はアカシックレコードとも同化するため、あらゆる真実を知ることができるようになります。

自分=愛=仏陀の「空」(クウ)=老子の「道(タオ)」=アカシックレコード

カードを引いてみた感想は、いかがでしょうか?

メッセージを読んでピンときたなら、あなたは、より豊かな人生を歩むヒントを得て、現実を引き寄せることができます。豊かさとは、小さなヒントの集合体とも言えます。より多くの気づきがあれば、それだけ充実し、ワクワクした人生を送ることができます。そんなあなたに、HIROがスペシャルメールマガジン(無料)をご用意しました。

お得な情報を、LINEでお届けします。

友だち追加


月収1000万アカシックリーダーHIROの無料メルマガ

豊かな人生を歩むノウハウや、
お金、仕事、健康、男女、人間関係を改善する方法をお届けします。