自由意志はない:人間は自動機械/どう生きるべきか

アカシックレコード 自由意志

1.自由意志とは

1.自由意志とは
自由意志とは、自分で考え、選択し、決断する意志の事をいいます。一般に私たちは、日々生活する中で、自由意志によって小さな決断から、大きな決断まで行っているかのように思っています。

例えば、
朝に歯を磨くとき
出かける洋服を選ぶとき
御飯の食事を考えるとき

どんな時も自由意志を使っているのが当たり前になっています。しかし、自由意志については、そもそも、あるのか、それとも無いのか古くから議論の対象になっていました。

ウィキペディアでも、自由意志について、自由意志がないとする決定論、自由意志があるとする非決定論が展開されています。

決定論 =自由意志の否定
非決定論=自由意志の肯定という捉え方だけには必ずしもならない

しかし、私はアカシックレコードから明確にメッセージをダウンロードしていました。

自由意志はない。

2.自由意志はない

自由意志は、存在しません。あらゆる決断、あらゆる感情、あらゆる思考、すべてが脳内から来るものではないことを意味し、それらは「空」の次元からエネルギーが流れてきて、私たちはただ反応しているに過ぎません。

空の次元とは、別の言い方をすると、次の等式で表されます。

愛=仏陀の「空」=老子の「道(タオ)」=アカシックレコード

私たちの意志は、コントロールしているように見えて、実は、自動で起こっている現象にすぎません。よって、私たちが人生で、出来ることは何もありません。

ラジオやラジコン、蛍光灯、空中放電実験、テスラコイルなどの多数の発明を行ったニコラ・テスラが自身の著書で述べています。

自分は思考や行動において自由意志などなく、単に周囲の力に突き動かされる自動機械にすぎないと認識するようになった。

私たちは自動機械であって、私たちを取り巻くものの力で完全に制御されている。コルクのように水面に放り投げられているのに、外部からの刺激を受けた結果を自由意志だと誤認するのだ。

「ニコラ・テスラ秘密の告白」ニコラ・テスラ

自発的な筋運動の際に観測される準備電位についての研究の先駆者、ベンジャミン・リベット氏は、自由意志がないことを科学的に証明しました。

あらゆる行動はそれが起こってから0.5秒後に意識に上ります。つまり意識してから行動を起こしているのではなく、意識で気付いた時には既に行動は起こっているのです。

「マインド・タイム」ベンジャミン・リベット

3.どう生きるべきか

ニコラ・テスラが指摘するように、私たちは自由意志をもたない自動機械ならば、選択、決断についてどのように考えればいいのか迷いが生じるかもしれません。

何も出来ないのなら、何もしなければいいのか?
そんな疑問が起こるかもしれません。

しかし、それでは、現実と真実のバランスが取れません。

私たちは、自由意志があることを前提として、日々の生活が成り立っており、それを根底から覆すことは難しい現実があります。そこで、今まで通り、選択、決断は自分が行っているものとして生きるのが最も生きやすく現実的です。

一方で、宇宙の創造物すべてが自動で起こっており、且つ自分も自由意志をもたない自動機械の存在であると頭の片隅に置くことで真実に根差した考えを併せ持つことができます。

自由意志があるとする考えと、自由意志がないとする考え。この相容れない2つを調和させて、ただ、流れてくる運命に、ただ流れに乗るというスタンスが最もスマートに人生を送れると思います。

 

自由意志がないという事実とを踏まえると、私たちは映画の主人公、もしくは、エキストラのような存在です。あらゆる筋書が初めから決まっており、私たちは完全に宇宙にゆだねるしかない存在なのです。

関連記事として、運命はあらかじめ決まっているという内容の記事があります。宜しければ、そちらもご覧ください。

詳しくは、「運命(=未来)」をご覧ください。

 

カードを引いてみた感想は、いかがでしょうか?

メッセージを読んでピンときたなら、あなたは、より豊かな人生を歩むヒントを得て、現実を引き寄せることができます。豊かさとは、小さなヒントの集合体とも言えます。より多くの気づきがあれば、それだけ充実し、ワクワクした人生を送ることができます。そんなあなたに、HIROがスペシャルメールマガジン(無料)をご用意しました。

お得な情報を、LINEでお届けします。

友だち追加


月収1000万アカシックリーダーHIROの無料メルマガ

アカシックリーディング、エネルギー的成長の方法、ヒーリングによる変容、など、日常で実際に役立つノウハウをお伝えします。