エネルギーシフトの特徴と対処法など その2

2018年の秋ころからのエネルギーシフトについてお伝えします。

1.自分が消えた

ノンデュアリティでは、こんなフレーズをよく聞きます。
「私がいない」
「ただ起きている」
「本当は何もない」

私は、頭で理解しようとするクセがあるので、何のことかよく分からなかったのですが、
2018年の年末年始あたりから、自分がいなくなったり、もどったりを繰り返しています。

TVを見ていた時、何か変だと感じました。普段、物事を考えている自分がいない。自分が、TV、机、椅子、床、部屋などのあらゆるモノと同じように、ただ存在している。

もともと、ノンデュアリティという概念は知っていたので、変化を考察してみました。
Q:思考はできるのか?
A:思考はできるのですが、普段よりも透明感があり迷いが少ないような気がします。

Q:感情面での変化はあるか?
A:自分と思っていた存在は、実は、自分ではないと分かって笑いがこみ上げました。

Q:リーディング力は上がるか?
A:エネルギー上昇期と重なったこともあり、パズルのピースしか見えなかった世界から、ピースの全体像が見えてきた。

Q:一番の変化は何か?
A:世界は1つ、世界は幻想、自分も幻想、とストンと腑に落ちたこと。

Q:すべきことは何か?
A:何もしなくてよい。このフェーズは、一切の価値判断が足かせになる。
意図、目的、目標は制限を加えるのでNG
“それ”が勝手に導いてくれるので任せておけばいい
しかし、基礎のフェーズを飛ばして、このフェーズには行けない。

過去に、ノンデュアリティのティーチャーが、セミナーでこんな事を言っていました。
「このセミナーに皆が来ていると思っているかもしれませんが、誰も来ていません」

その時は「何のこっちゃ」と思っていました。しかし、今になってやっと意味がわかる、知っている状態になりました。

Q:自分が消えるためのトリガーはあるか
A:なんとなく分かっているのですが、コレは言ってはいけないこと。

2.食の変化

・やめたこと
肉、魚、白米、小麦粉、牛乳、甘いもの

肉を食べるのをやめたきっかけは、youtubeで見た動画です。
食肉加工される牛がベルトコンベアで運ばれ、おびえて暴れているシーンを見て、その時に、はっと気づきがあったからです。

たまたま、私たちは牛、豚、鳥などを殺して食べているわけですが、彼らも私たちと同じように心をもっているし、痛みも同じように感じます。

もし自分が、獣に襲われて、旨そうに食べていたらどのように思うでしょうか?
もし自分が、ベルトコンベアで運ばれて解体されるとしたらどう感じるのか??

人間に近いサルやゴリラは、獣を襲って食べません。彼らは果物をメインに食べます。
獣を襲って食べる動物は、牙が生えていて、爪が鋭いという特徴があります。しかし、人間は、果物やナッツを食べて奥歯ですり潰すようになっているのです。

・いまの食事内容
玄米、果物、野菜、など

今の食事は、玄米に味噌汁、あとは果物という極めて簡単なものになりました。燃費がいいクルマの如し。

食事については、まだまだ先があります。今の食事は、途中過程です。果物のみとなり、次に水のみとなり、最後は不食となります。実際に、不食で有名なジャスムヒーン氏がいます。

ジャスムヒーンは、オーストラリアに拠点をもつ、プラーナ栄養者(固形食を摂取しない)、不食者(ブレサリアン、Inedia)を自称する人物。1990年代、世界的にプラーナ、太陽光栄養の実践者として活動。著作、講演録等をウェブサイトで販売している

出典:ウィキペディア

 

3.何もする必要がない

「減らしに減らし、何もすることが無くなるまで減らしすべてがなされる」
これは、老子の言葉です。

どういう事かというと、「しなければならない」がなくなり、「してもよい、しなくてもよい」だけになるということ。

そのため、極限まで不要なものをそぎ落としました。
・PCのデスクトップ上のアイコンやフォルダはゼロ(これは昔からの習慣)
・PCのブラウザのブックマーク数はゼロ
・SNSはすべて退会
・仕事はすべて自分ひとりで完結しているので、やるも、やらないも自由
・意識的に、ニュースやTVを見ない。必要な情報は自分でダウンロード

何もしないと、浦島太郎になってしまうのではと思うこともあったのですが、実は逆。
情報を遮断することで、何の脈絡もなく、情報が下りて来るようになります。

結局のところ、自分が体験する世界は、自分の心の写し鏡なので、自分と向き合ったほうが手っ取り早いのです。

こんな話があります。

旗が動いているのを見て、
Aという僧侶は、「旗が動いている」という。
Bという僧侶は、「風が動いている」という。

そこで、天才僧侶の慧能が言った。
「あなた方の心が動いているだけですよ。」(原文:風に非ず幡に非ず、仁者が心動く)

あらゆる心の動揺は、
すべて二元に捕らわれた心が作り出した幻想です。

4.これから起こること

いままで偉いと思われていた人が落ちる。
いままで低いとみられていた人がのぼる。

具体的なことは分かっているのですが、いまの時点では公表できません。
ただ、現在の医療で障害と診断されておちぶれているように見える方々、まったくその逆で、波動が上昇しているサインなので、もう少しの辛抱です。

政治の世界では、世紀のどんでん返しが見られるかもしれません。
経済の世界では、お金からの幻想から覚めて、新しいエコノミーが形成されます。

近い将来に、心の状態がデジタルに表示される時が来ますので、嘘がつけなくなりますね。エネルギーのレベルも数値化されて一目瞭然になります。正に丸裸なので、これから本物の時代に突入です。

※参考記事と動画

【メルマガ過去配信】エネルギーシフトの特徴と対処法など
https://akashic-record.net/magazine2/

ノンデュアリティ:大和田菜穂さん
http://bit.ly/2TDATqx

ノンデュアリティ:じゅんころさん
http://bit.ly/2TKOyfP

カードを引いてみた感想は、いかがでしょうか?

あなたが、メッセージを読んでピンときたのなら、あなたは、アカシックレコードとつながり、アカシックの情報を得ていることになります。メッセージを通して方向性は定まったとしても、具体的に何をどのようにしたら良いのかを知りたい、もしくは、心の奥に未解決の問題を抱えている。あなたがそんな状況にあるとしたら、有料アカシックリーディングによって、問題の本質を射貫き、解決に導くことができます。